無呼吸症候群はシーパップの使用やマウスピースの着用で改善可能

医者と看護師

いびきは病気のシグナル

居眠り

睡眠時に大きないびきをかく人は脳内に酸素が正しく運ばれていない可能性もあります。睡眠時無呼吸症候群はその名の通り睡眠時に呼吸を正しく行えない事で体調に不調をきたす症状です。

» 詳細へ

適切な治療で完治可能

病院

骨に癌が発生してしまう骨肉腫には様々な治療方法が存在しています。適切な治療を行う事で完治を目指す事も出来ます。又、骨肉腫が発症しても治療を行う事で高い生存率を維持する事もできます。

» 詳細へ

食事療法で症状が緩和

病院

潰瘍性大腸炎になった場合は食事制限も完治の為には重要になってきます。潰瘍性大腸炎は大腸に炎症が起こっている状態なので摂取して良い食材と駄目な食材が存在しています。正しい食事をする事で病気の完治を目指せます。

» 詳細へ

シーパップやマウスピース

睡眠

現在無呼吸症候群にはシーパップの使用が多く取り入れられています。シーパップとは鼻にマスクを装着する事で酸素の吸入が行える機械になっています。シーパップを着用すると多くの無呼吸症候群患者が睡眠の改善を実感しています。シーパップは人工的に酸素の吸入を促すので無呼吸状態を回避しより多くの酸素を体内に取り入れる事が出来ます。そのお陰で寝つきがよくなり、朝まで深い眠りを持続する事が出来ます。シーパップは睡眠内科で診断を行い無呼吸症候群と診断された場合にレンタルする事が出来ます。シーパップのレンタルには保険が適用される為、比較的誰でも借りやすい価格になっています。シーパップをレンタルする際には月に1度から2度通院して無呼吸症候群の症状の診察を行う必要があります。

無呼吸症候群はシーパップ以外の方法でも治療する事が出来ます。無呼吸症候群の原因の1つの歯並びや歯ぎしりが関係しています。マウスピースを着用する事で睡眠時の無呼吸を抑制する方法もあります。マウスピースを睡眠時に装着する事で気道がふさがれる事を防ぎます。マウスピースは出来るだけ自分の歯型に合った物を選ぶ方が効果は高いです。歯科医で自分の歯型を取りマウスピースを作成する事も可能です。市販の物であれば薬局やネットでも購入する事は出来ますが質にばらつきがあるでしょう。無呼吸症候群は手術で扁桃肥大を除去する方法もあります。この手術でシーパップの使用がいらなくなり快適な睡眠を得る事も出来ます。